安定した利益はマンション1棟買いやアパート経営

住宅の模型

実家に住んでもらう

街

引越しや転勤、親との同居などで家を手放してしまうときには、家を貸すことで収入をもらう不動産投資を始められることができます。親が他界して空き巣になったときに検討してみましょう。

滞納や空室の対応

ビル

賃貸経営をする際には、保証会社を利用すると家賃滞納や空室リスクを軽減することが可能になります。初めて投資を行なう大家さんやオーナーの場合は、サービス導入を検討しましょう。

高い利益を得る

アパート

今、若者の中で話題に取り上げられている不動産投資は、いろいろな形があり、誰でも気軽に始められる投資として人気が高いです。そんな投資の中には、アパートやマンションを貸し出すだけでなく、実家を貸す方法もあるので引越しや転勤などで空き巣にしてしまう場合に簡単に不動産経営を始められるようになります。

代表的なマンション投資では、マンション1棟買いを行なって高い収入を得ている人が多くいます。初めてだからといって区分マンション投資を行なう人も多くいます。確かに区分マンションは費用も安く、リスクも1棟マンション買いよりも低いので安心して始められます。
しかし、不動産投資をする上で大切なことはいかに収益を上げることなのかです。
不動産投資を始めるときには、どのくらい利益が上がるのかを考えないといけません。少ない資本金で多くの利益を上げる考えを持っておくことでより、効率の良い不動産投資を行なえるのです。

1棟マンション買いをするときは初期費用が高いですが、住宅ローンを受けやすくなるので自己資金は少なくても投資ができるようになります。また、部屋が多くあるので一気に何世帯もの家賃が手に入るので高い利益があげられるでしょう。
さらに空室になったときしても収入がゼロにならないので空室リスクに関して心配する必要もありません。

この他にも不動産投資の方法はあります。賃貸の種類を調べてそれぞれによっての利益率や初期費用などが変わって来るので事前に比較して自分にあった投資を始めるといいでしょう。

すべて任せられる

建物

賃貸管理会社を利用することで管理をすべて任せることができます。多くの物件をもっている場合にとても便利なので利用してみましょう。会社によって収入面が影響してくるので事前に確認しておきましょう。